2007年01月04日

「嫌われ松子の一生」レビュー

嫌われ松子の一生 通常版
「嫌われ松子の一生」についてのレビューをトラックバックで募集しています。
*出演:中谷美紀、瑛太、伊勢谷友族、香川照之、市川実日子、孫沢あすか、柄本明、木村カエラ、柴咲コウ、片平なぎさ、ゴリ、竹山隆範、谷原章族、宮藤官九朗、劇団ひとり、谷中敦、BONNIE PINK、武田真治、荒川良々、土屋アンナ、AI、山田族子、他
*監督・脚本:中島哲也
*原作:山田宗樹

感想・評価・批評 等、レビューを含む記事からのトラックバックをお待ちしています。お気軽にご参加下さい(^^


【関連テーマ】
ドラマレビューtbc:「嫌われ松子の一生」レビュー

【リンク】
映画公式サイト:http://kiraware.goo.ne.jp/
amazon検索:嫌われ松子の一生

映画レビュートラックバックセンター at 02:12 | カテゴリ:映画タイトル:か

トラックバック

トラックバックURL

※管理人が承認したトラックバックのみ表示されます。

「嫌われ松子の一生」80点。
「嫌われ松子の一生」hp 『嫌われ松子の一生』オフィシャル・ブック 怒涛の映像と、斜めにザクッと切り込む陽気な音楽。 「松子は幸せだったのか、不幸だったのか。。。」 そんな陳腐な疑..
*ブログ:mountain77 D.Reverse side(2006-05-28)
嫌われ松子の一生
劇場コマーシャルの出来がサイコーな「嫌われ松子の一生」 きっとコマーシャルの出来が良過ぎるだけで、内容はイマイチに違いないと期待薄に観に行きました。 ★★★★★ ごめんなさい、今のところ今年一番面白..
*ブログ:そーれりぽーと(2006-05-29)
嫌われ松子の一生
映画館で、出演:中谷美紀/瑛太/伊勢谷友介/香川照之/市川実日子/黒沢あすか/柄本 明/木村カエラ/蒼井そら/柴咲コウ/片平なぎさ/本田博太郎/奥ノ矢佳奈/ゴリ/榊 英雄/マギー/竹山隆範/谷原章介/..
*ブログ:Rohi-ta_site.com(2006-05-29)
嫌われ松子の一生
色彩豊かに歌い上げる人間への愛に満ちたドラマ!
*ブログ:Akira's VOICE(2006-05-30)
【劇場鑑賞55】嫌われ松子の一生(MEMORIES OF MATSUKO)
『私、川尻松子。大きくなったら素敵な王子様と結婚するんだぁ♪』 だけど、現実は・・・ 教師をクビ 家出 同棲相手の暴力 不倫相手に捨てられ ソープ嬢になり ヒモを..
*ブログ:ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!(2006-05-31)
『嫌われ松子の一生』
感動度[:ハート:][:ハート:]   5/27公開       公式サイト(壁紙、特別映像あり) 笑い度[:ラッキー:][:ラッキー:] 泣き度[:悲しい:][:悲しい:] 衝撃度[:!:][..
*ブログ:アンディの日記 シネマ版(2006-06-01)
嫌われ松子の一生
昨夜のレイトショーで見てきました。 何度男が変わっても、いつもろくでなしを選んでしまう松子。 殴る蹴るの暴行にも耐えている、というか大人なのに逃げない松子。 殴られても、ひとりぼっちでい..
*ブログ:Leica's xxx(2006-06-01)
[映画・カ行] 嫌われ松子の一生
[映画・カ行] 嫌われ松子の一生 今回の映画は、「嫌われ松子の一生」です。この作品の映画公開にちなんで、「嫌われ松子の一生」の作品紹介について書いてみました。 (この映画レビューは、本家サイト「やわ..
*ブログ:「やわらか映画〜おすすめDVD〜」映画ブログ(2006-06-03)
映画のご紹介(137) 嫌われ松子の一生
ヒューマン=ブラック・ボックス -映画のご紹介(137) 嫌われ松子の一生-生きること、愛すること。 三人兄弟の長女。 真ん中は男、末っ子は病弱..
*ブログ:ヒューマン=ブラック・ボックス(2006-06-03)
『嫌われ松子の一生』
監督:中島哲也 CAST:中谷美紀、瑛太、伊勢谷友介他 平成13年、東京に暮らす川尻笙(瑛太)は、父親に叔母の川尻松子(中谷美紀)が住んでいたアパートを片付けるよう頼まれる。松子は荒川河川敷..
*ブログ:*Sweet Days*  ~movie,music etc...~(2006-06-03)
「嫌われ松子の一生」を見てきましたよ。
というわけで、昨日レイトショーにて見てまいりました「嫌われ松子の一生」。 でね。 レイトショーだっていうのにね、しかもPG??12だというのにね。 どーも年齢ビミョーなご家族連れがいらっしゃ..
*ブログ:にきにきにっき on blog(2006-06-03)
嫌われ松子の一生
かなり、映画感想アップしてないのがあるんですけど…。 (約5作品あげてないw) 先に舞台挨拶付きで観せて頂いたし、 大好きな中谷美紀さん主演の映画なので 感謝(宣伝?)の意味も込めてこちらを!..
*ブログ:きょうのできごと…http://littleblue.chu.jp/(2006-06-04)
嫌われ松子の一生(少しネタばれあります)
 「嫌われ松子の一生」を観てきた。  一緒に行った家族は、「生きるのがイヤになるくらいよく出来た映画だ」とぽつりと言った。どきっとした。  映画館の近くの喫茶店でソーダ水をかき回しながら、映画を観て..
*ブログ:水晶の夜 〜KRISTALL NACHT〜(2006-06-04)
嫌われ松子の一生
『下妻物語』が大好きなので、早速見てきました。 すごい!中島ワールド炸裂です。 オープニングからコテコテしていて、 ついていけるかちょっと不安になるくらい激しかったです。 でも、見ていたらすぐに、こ..
*ブログ:まるっと映画話(2006-06-05)
【嫌われ松子の一生】不幸階段ミュージカル
この人の人生には、幸せの文字がない。選択する事はことごとく裏切られ、愛する男には捨てられ、家族からも捨てられて。。。そして、こんな人生の結末。映画全体は、歌や、ちょっとしたコメディに包まれているが痛す..
*ブログ:見取り八段・実0段(2006-06-07)
『嫌われ松子の一生』鑑賞ヽ(δ▽δ)ノ♪
『嫌われ松子の一生』鑑賞レビュー! 松子。人生を100%生きた女。 『下妻物語』の中島哲也監督が贈る もうひとつのシンデレラストーリー 不幸って何? ..
*ブログ:☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo!(2006-06-08)
嫌われ松子の一生
映画「嫌われ松子の一生」(中谷美紀,中島哲也,瑛太,伊勢谷友介,香川照之,市川実日子,黒沢あすか,柄本明,木村カエラ,柴咲コウ,片平なぎさ,ゴリ(ガレッジセール),竹山隆範(カンニング),宮藤官九郎,..
*ブログ:ミニシアター映画ファンの映画DVD紹介サイト(2006-06-10)
嫌われ松子の一生
観てしまった。「嫌われ松子の一生」 すごい。すごい。 きらきらしてるのに、痛くて痛くて。 切なくて泣けてくるのに、幸せな気持ちになる。 かわいくて、たのしくて、バカで、汚くて、..
*ブログ:hahahaポピー(2006-06-11)
『嫌われ松子の一生』
松子。人生を100%生きた女。 ■監督・脚本 中島哲也■原作 山田宗樹(「嫌われ松子の一生」幻冬舎文庫)■キャスト 中谷美紀、瑛太、伊勢谷友介、香川照之、市川実日子、黒沢あすか、柄本明、木村カエラ、..
*ブログ:京の昼寝〜♪(2006-06-13)
映画のはなし
今日嫌われ松子の一生を観てきました。 車で20分くらいのところにシネコンがあるんですが、今まで行ったことなくて始めて行きました。 意外にも混んでいて驚き!(郊外なのに。。。) 前作下妻物語も..
*ブログ:☆青*空*日*記☆(2006-06-14)
「嫌われ松子の一生」
映像と音楽、俳優達の演技が素晴らしい映画でした。 おとぎ話のような、カラフルでポップな映像は、 キラキラとまるで夢のようでノスタルジックで、本当にキレイでした。 ミュー??
*ブログ:多感な乙女のDELICIOUS LIFE(2006-06-15)
なんで?!のマシンガン。~嫌われ松子の一生~
いや~、わかってはいたんですが、 なんともはや極彩色のケバイ映像にこれでもかと 花が咲き、鳥が飛び、、蝶が舞い、彼女は歌い踊る。 でも「なんで?!」の連続する転落人生は 映像の華やかさとは真逆に地獄..
*ブログ:ペパーミントの魔術師(2006-06-15)
嫌われ松子の追記をもう少し。
LOVE IS BUBBLEBONNIE PINK Youichi Murata ワーナーミュージック・ジャパン 2006-05-10売り上げランキング : 1033Amazonで詳しく見る by ..
*ブログ:ペパーミントの魔術師(2006-06-15)
嫌われ松子の一生見てきました。
 正直最初は見なくても良いかなと思っていたのですが、他の方のブログを読むとかなり評判がよいので嫌われ松子の一生見てきました。
*ブログ:よしなしごと(2006-06-16)
嫌われ松子の一生/山田宗樹
やるせない思いで最終頁を閉じました。些細なことに何度も自分を見失い、流され、それでも死より生きることを選んできた松子。その人生の終わりがこれではあまりに辛すぎます。 体の弱い妹に父の愛情を奪われ..
*ブログ:文学な?ブログ(2006-06-17)
嫌われ松子の一生
映画、嫌われ松子の一生の一生を見てきました。ネタバレです。最初に松子が死んでいるところから話が始まるのですが本人は、いないのにどうやってこの先話を進めていくのだろうと思っていたらうまい具合に話が繋がっ..
*ブログ:ブログ:映画ネット☆ログシアター(2006-06-19)
[シネマりんご]「嫌われ松子の一生」★★★★☆
今日も映画レビューをひとつUP。 中谷美紀が好きなのと、チラシをみて気になったので観て来ました。 「下妻物語」の中島哲也監督が山田宗樹の同名小説を映画化。 ストーリー:昭和22年、福岡県に川尻家の長..
*ブログ:ぷっちんりんご(2006-06-19)
嫌われ松子の一生
そもそもタイトルのインパクトが強烈なのですが、 公開前の数ヶ月間、映画館で上映された予告編の、 極彩色でミュージカル仕立ての華やかな映像もまた、 インパクトがありました。 さらに、”タイトル”と”..
*ブログ:はなこのアンテナ(2006-06-22)
『 嫌われ松子の一生 』
 『 嫌われ松子の一生 』  を見てきました  お姫様みたいな人生に憧れつつも  他人には不幸に思える人生を歩んで  53歳、荒川の河川敷にて、死体で発見される  川尻松子 ..
*ブログ:王様の耳はロバの耳(2006-06-23)
「嫌われ松子の一生」中谷美紀は代表作を手に入れた
「嫌われ松子の一生」★★★★オススメ 中谷美紀、瑛太、伊勢谷友介主演 中島哲也監督、2006年 リアルを排除し、劇画タッチで夢のような作品。 悪趣味に近い表現が随所に散りばめられて、 ..
*ブログ:soramove(2006-06-23)
嫌われ松子の一生
そもそもタイトルになかなかインパクトがありますが、 公開前の数ヶ月間、映画館で上映された予告編の、 極彩色でミュージカル仕立ての華やかな映像もまた、 インパクトがありました。 さらに、”タイトル”..
*ブログ:はなこのアンテナ(2006-06-25)
嫌われ松子の一生
☆ ☆ *    * *  ☆ ★    ☆  * ☆ 6月1日映画の日、4時
*ブログ:たまの出来事(2006-06-26)
[ 嫌われ松子の一生 ]中島哲也ワールド
[ 嫌われ松子の一生 ]@吉祥寺で鑑賞 なんで、一人でこんな世界が描けるのか。 すごい。すごすぎる。 中島哲也監督って、たぶん完ぺき主義なんだろうな。 音楽といい、画といい一つの世界が完成..
*ブログ:アロハ坊主の日がな一日(2006-06-27)
嫌われ松子の一生
2006年 東宝 06年5月27日公開 監督、脚本:中島哲也 原作:山田宗樹『
*ブログ:銀の森のゴブリン(2006-06-27)
嫌われ松子の一生
こんばんは。昨日病院に行ってきたおかげで今日は ちょっぴり 気分↑↑かな!?(ノ´∀`*) アハ??ン♪ タダ単に首固定&痛み止めのおかげかもしれないけれど(^_^;) まだ 左側の死角 はなく..
*ブログ:◆ 超独断的番付☆映画・DVD・ドラマを勝手にランキング!! ◆(2006-07-05)
嫌われ松子の一生 06年134本目
嫌われ松子の一生 中谷美紀 ≒ 濱田マリ ≒ 柴咲コウ ≒ あたし > 山田花子 2006年  中島哲也 監督  山田宗樹 原作中谷美紀 、瑛太 、伊勢谷友..
*ブログ:猫姫じゃ(2006-07-06)
映画の日
毎月1日映画の日。あたしは松子、隆之くんはM:i:??を観てきました。またもやハル
*ブログ:ハル育ってます(2006-07-07)
嫌われ松子の一生
http://kiraware.goo.ne.jp/最寄りの映画館で鑑賞。テレビでやっていた下妻物語を録画し見ていて15分ぐらいして見に行くことを決めたのが昨日でした(ぉでまだ下妻物語は見終わっていま..
*ブログ:勝弘ブログ(2006-07-08)
ついに観ました!嫌われ松子の一生
「嫌われ松子の一生」はかなりの人気らしいあちらこちらのブログでも、皆が絶賛しているという事で、水曜日のレディースディに観に行ってきた。上映時間までは、まだ30分以上あったので、それほど人もいなかったが..
*ブログ:銅版画制作の日々(2006-07-09)
嫌われ松子の一生
今年、劇場で見た19本目は、嫌われ松子の一生。 最初は見る気なかったけど 監督が下妻物語 の人だと聞いて、見てみることにした。 下妻物語、嫌いなタイプの作品だろうと..
*ブログ:h(2006-07-12)
『嫌われ松子の一生』
中島哲也監督作品『嫌われ松子の一生』2006年 日本 2006年6月1日 Tジョイ大泉にて鑑賞 荒筋: 昭和22年。福岡県でひとりの女の子が誕生した。お姫様のような人生を夢見る彼女の..
*ブログ:明鏡止水(2006-07-14)
Memories Of Matsuko
『嫌われ松子の一生』 “嫌われ松子”と聞くと、最初は誰しも性格ブスな女性をイメージするのではないでしょうか?しかし川尻松子(中谷美紀)は決して人から嫌われていた訳ではなく、本当はむしろ愛されていた気..
*ブログ:Tokyo Bay Side(2006-07-18)
「嫌われ松子の一生」
 不幸の釣瓶打ちみたいな山田宗樹の同名小説の映画化も、中島哲也監督の手にかかるとミュージカル仕立ての明るくポップな上質の娯楽映画に早変わり・・・・と、手放しで誉めたい気分をグッと抑え、ここは苦言を呈..
*ブログ:元・副会長のCinema Days(2006-07-18)
嫌われ松子の一生
『下妻物語』の中島哲也監督が贈る、もうひとつのシンデレラストーリー‥‥。 なんてコピーを見たのですが、どのあたりがどーゆー風にシンデレラストーリーなのかさっぱり解らないままに映画を観終えました。..
*ブログ:オタクの魂forビギナーズ(2006-08-02)
[その他のテキスト]嫌われ松子の一生
★原作を読まずに、何度か見かけたテレビなどでのプロモート活動(「王様のブランチ」とか「TVブロス」の特集とか)程度の予備知識で観た感想です。お正月に観た「THE 有頂天ホテル」以来の映画ですから、そ..
*ブログ:sitebbiw' memo(2006-08-07)
嫌われ松子のとりこに
 映画「嫌われ松子の一生」を観てきました。  観にいくまえに何人かの人に感想を聞いたら、「すっごく楽しいよ」「かなり辛い…へこむよ」と、両極端な感想。  でも、どちらも本当だったのです。 ..
*ブログ:シナリオ3人娘プラス1のシナリオ・センター大阪校日記(2006-08-12)
嫌われ松子の一生
2006年 東宝 06年5月27日公開 監督、脚本:中島哲也 原作:山田宗樹『
*ブログ:銀の森のゴブリン(2006-08-23)
Memories of MATSUKO
 映画「嫌われ松子の一生」(中島哲也:監督)  を観てきました。    松子の壮絶きわまる波乱万丈な人生については、  話題にもなったので、アウトラインくらいは  知ってる人も多いでしょう。  ..
*ブログ:miyukichin' mu*me*mo*(2006-08-24)
嫌われ松子の一生DVD
山田宗樹の小説を「下妻物語」の中島哲也監督が映画化した 奇想天外な女の一生物語。 転落の一途を辿る壮絶なヒロイン川尻松子の人生を多彩な映像表現を駆使して カラフルかつポップに描いています。 教師をク..
*ブログ:噂の情報屋(2006-08-30)
嫌われ松子の一生
嫌われ松子の一生(2006)ひとつのごまかし、一回のボタンのかけちがいから転がる人生。かなり暗い内容をコミカルに。コメディー映画が泣けるのは、表面上の明るさ、コミカルさと、対照的な心境が重なるから。ギ..
*ブログ:MY BEST HIT TODAY cinema!(2006-09-14)
嫌われ松子の一生
「嫌われ松子の一生」 2006年 日本 ★★★★★ もう、最高ヘ(≧▽≦ヘ) きゃーーん♪ この映画は、市内のシネコンでも、郊外に行かなきゃ観れなかったのが(そこに行ってまで..
*ブログ:とんとん亭(2006-09-15)
嫌われ松子の一生
“生れて、すみません。” 松子の一生は、駆け足のように足早に・・・ ・・・その中で人を愛し・・・ ・・・誰よりも前向きに精一杯に生きた一生でした。 その松子の人生に、私は・・・..
*ブログ:UkiUkiれいんぼーデイ(2006-09-15)
嫌われ松子の一生
 見応え十分。笑えるし、泣けるしで大満足の映画でした。★★★★★星5つで!!でももう一度観ろと言われたらもういいかも。ヘビィだから。(笑)ヘビィなんだけど、観終わった後後味の悪さがないのが凄い。それよ..
*ブログ:happy life(2006-10-07)
真・映画日記『嫌われ松子の一生』
前日の日記からのつづき。 目まぐるしい移動記を(笑) まず5時20分頃の中央線に乗り吉祥寺を出る。 御茶ノ水で総武線に乗り秋葉原へ。 地下鉄日比谷線に乗り換え新越谷に出てJR武蔵野線に乗り..
*ブログ:CHEAP THRILL(2006-10-23)
嫌われ松子の一生 
今、、内山理名でTVドラマしてるらしいですね。見てないけど。原作もよんでないけどね。上映時のあのCMの♪愛はバブル 愛はトラブル〜(by:BONNIE PINK「Love is Bubble」)が、え..
*ブログ:晴れたらいいね〜(2006-11-11)
嫌われ松子の一生−(映画:2006年140本目)−
監督:中島哲也 出演:中谷美紀、瑛太、伊勢谷友介、香川照之、市川実日子、黒沢あすか、柄本明、木村カエラ、柴崎コウ、片平なぎさ、ゴリ、竹山隆範、谷原章介、宮藤官九郎、劇..
*ブログ:デコ親父はいつも減量中(2006-11-18)
嫌われ松子の一生
製作年度 2006年 製作国 日本 上映時間 130分 監督 中島哲也 原作 山田宗樹 脚本 中島哲也 音楽 ガブリエル・ロベルト 、渋谷毅 出演 中谷美紀 、瑛..
*ブログ:タクシードライバー耕作のDVD映画日誌(2006-11-19)
嫌われ松子の一生:「物語」不在の時代の天才・中島哲也
「下妻物語」の鬼才・中島哲也監督と中谷美紀がタッグを組んだ話題作「嫌われ松子の一生」。今年、何故か大ブレークしたBONNIE PINKが出ていたり、完成披露試写会の中谷美紀のコメントが話題を呼んだりと..
*ブログ:ビールを飲みながら考えてみた…(2006-11-24)
嫌われ松子の一生
嫌われ松子の一生 通常版中谷美紀 (2006/11/17)アミューズソフトエンタテインメント この商品の詳細を見る 監督: 中島哲也 原作: 山田宗樹 脚本: 中島哲也 出演: 中..
*ブログ:ZERO GRAVITY(2006-12-14)
嫌われ松子の一生
誰に聞いても絶賛のこの作品。 2006年が終わる前にDVDでやっと観ました。 ふぅ。 平成13年の夏、。荒川の河川敷に何者かに撲殺された女性の死体。 その姿は醜く肥え太り、身なりはホームレ..
*ブログ:映画、言いたい放題!(2006-12-29)
嫌われ松子の一生
★★★★☆  ある不幸な女の一生を、大胆かつマンガチックに描いた大傑作だね。中谷美紀の新境地を切り開いた、ある意味実験的な作品でもある。彼女はこの作品でドロドロになったが、それによって一皮も二皮もむけ..
*ブログ:ケントのたそがれ劇場(2007-01-03)
映画 嫌われ松子の一生(主演 中谷美紀)
福岡県の大野島で産声を上げた川尻松子(中谷 美紀)は、幼い頃からお姫様のような人生を夢見る少女。 病弱な妹、久美(市川 実日子 )のことばかりを気遣う父親(柄本 明)に、自分も愛された..
*ブログ:エンタメ動画日記 ??映画等の紹介??(2007-01-09)
作中に一部問題のある名称がうんたらかんたら
嫌われ松子の一生 鑑賞 80点(100点満点中) 山田宗樹の同名小説を原作に、『下妻物語』で一躍大ブレイクした鬼才・中島哲也が、前作ヒットにより大幅アップした予算と、進歩した映像技術により、更に..
*ブログ:(´-`).。oO(蚊取り線香は蚊を取らないよ)(2007-03-14)
『嫌われ松子の一生』に、泣き笑い。
この映画は、「曲げて、伸ばして」観て欲しい。  嫌われ松子の一生 通常版 / 中谷美紀 前略 天国の川尻松子様。春は目の前とは言え、まだまだ寒い日が続きます。 先日やっと借りたDVD..
*ブログ:TATSUYAのレンタル映画レビュー(2007-03-18)
嫌われ松子の一生
2006年 日本 GW初日だからといって、特に予定も何もなく目覚めて、いつも通りの休日を堪能するつもりで起きる。こういう休日にまず第一に考えるのが、図書館でDVD鑑賞をするために予約を入れにいく..
*ブログ:*amidama*雑記(2007-04-30)
嫌われ松子の一生&Dグレ
嫌われ松子は内山が主演したドラマの方は興味が無くて見なかったけども 映画の方は興味があり見たがチョイ役で色んな人が出演していて悪く無いし 劇中の歌は良かったし内容も大満足とは言えないけども不満は無..
*ブログ:別館ヒガシ日記(2007-06-26)
【映画】嫌われ松子の一生 Memories of Matsuko
全あたいが泣いた。 全あたいを震撼させた衝撃の快作! 超HIT!(あたいの中で) だが、人にはあまりおすすめできない感じもただよう。 半分ミュージカルであるし。 おとぎ話でもある..
*ブログ:那覇TekTek(2007-11-25)
嫌われ松子の一生
<堕ちてゆく女>をとことんカラフルにポップにミュージカル調に 描いていった去年のヒット作品。中谷美紀の熱演もすごい。 あらすじは・・・ 昭和22年、福岡県大野島に生まれた川尻..
*ブログ:bibouroku(2008-02-23)
嫌われ松子の一生
嫌われ松子の一生 通常版(2006/11/17)中谷美紀瑛太商品詳細を見る 新作の「パコと魔法の絵本」も公開中の中島哲也監督の「嫌われ松子の一生」で...
*ブログ:生まれてから今まで観てきた映画全部(2008-09-15)
嫌われ松子の一生をみた
「嫌われ松子の一生」レビュー
*ブログ:まーすんのニュースに一言!(2009-03-24)
【嫌われ松子の一生】 お星さまをつかもう
嫌われ松子の一生 監督: 中島哲也 出演:  中谷美紀、伊勢谷友介、香川照之、瑛太 公開: 2006年5月 第30回 日本アカデミー賞最優秀...
*ブログ:映画@見取り八段(2009-08-20)
「嫌われ松子の一生」★★★★★
これが休職中鑑賞1本目。 文句のつけどころなく傑作! キャスト、ストーリー、映画のテンポ、エンタメ性、すべてにおいて!! 1週間...
*ブログ:俺、パンダ(2009-12-18)
[映画]嫌われ松子の価値
「新札の諭吉にも古札の諭吉にも同じ一万円分の価値がある」 という主張に「だがちょっと待ってほしい、古銭収集という観点からはどうか」と思われた方へ。 今回は一万円は一万円論を私が思いついた映画について..
*ブログ:はてこはだいたい家にいる(2010-01-24)
中島哲也監督 「嫌われ松子の一生」
嫌われ松子の一生 - goo 映画 この映画、劇場公開時に観て衝撃を受けた作品です。 そして当時やってたブログにもレビューを書いた筈 そして映画の後に読んだ原作のレビューも… ブログからミクシ..
*ブログ:映画と読書とタバコは止めないぞ!と思ってましたが…死にそうになったので禁煙か?(2010-02-17)
嫌われ松子の一生
これはTVドラマでもやってましたね。なのでなんとな〜く大体の展開を知っていました。(TVドラマをみてたわけじゃないんですが)人生をもがいてあがいて、幸せになろうとする1人の女性の物語。 進むたび..
*ブログ:いやいやえん(2011-05-19)
嫌われ松子の一生
あんなに不幸な話なのに、あんなにポップな作品に仕上がるなんて、びっくり!
*ブログ:ぶるこのひとこと映画感想記(2014-10-22)

コメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※管理人が承認したコメントのみ表示されます。