2011年05月07日

「八日目の蝉」レビュー

映画「八日目の蝉」についてのレビューをトラックバックで募集しています。

*出演:井上真央、永作博美、小池栄子、森口瑤子、田中哲司、市川実和子、平田満、劇団ひとり、余貴美子、田中泯、風吹ジュン、他
*監督:成島出
*原作:角田光代

感想・評価・批評 等、レビューを含む記事・ブログからのトラックバックをお待ちしています。お気軽にご参加下さい(^^


【関連テーマ】
井上真央, 永作博美, 小池栄子, 森口瑤子, 田中哲司, 成島出,

読書感想tbc:「角田光代」の感想
ドラマレビューtbc:「八日目の蝉」レビュー

【リンク】
映画『八日目の蟬』オフィシャルサイト
http://www.youkame.com/
『八日目の蝉』オフィシャルツイッター (youkame_movie)
http://twitter.com/#!/youkame_movie
映画『八日目の蝉』ファンページ | Facebook
http://www.facebook.com/youkame.fanpage

映画レビュートラックバックセンター at 12:22 | カテゴリ:映画タイトル:や

トラックバック

トラックバックURL

※管理人が承認したトラックバックのみ表示されます。

「八日目の蟬」みた。
まちがいなく泣く!って観る前から思っていたけれど、終盤にはいったらずっと泣きっぱなしで、嗚咽を漏らさないようにするため何度[E:coldsweats01]ここ数年の永作さんの演技はどんな役でも神がかっ..
*ブログ:たいむのひとりごと(2011-04-29)
八日目の蝉
公式サイト。角田光代原作、成島出監督、井上真央、永作博美、小池栄子、森口瑤子、田中哲司、市川実和子、平田満、劇団ひとり、余貴美子、田中泯、風吹ジュン。生まれたばかりの ...
*ブログ:佐藤秀の徒然幻視録(2011-04-29)
八日目の蝉
2011/04/29公開 日本 147分監督:成島出出演:井上真央、永作博美、小池栄子、森口瑤子、田中哲司、市川実和子、平田満、渡邉このみ、劇団ひとり、余貴美子、田中泯、風吹ジュン 優しかったお..
*ブログ:新・映画鑑賞★日記・・・(2011-04-29)
『八日目の蝉』 (2011) / 日本
監督: 成島出 出演: 井上真央 、永作博美 、小池栄子 、森口瑤子 、田中哲司 公式サイトはこちら。 原作読了しています。 もともと読売新聞連載小説でしたが、途中でついていけなくな..
*ブログ:Nice One!!(2011-04-30)
八日目の蝉
直木賞作家・角田光代の同名ベストセラーを「花より男子ファイナル」の 井上真央と「酔いがさめたら、うちに帰ろう。」の永作博美の共演で映画化 したヒューマン・サスペンス・ドラマ。不倫相手の赤ちゃんを誘..
*ブログ:だらだら無気力ブログ(2011-05-01)
「八日目の蝉」誘拐した育ての母の足跡を辿った先にみた4年間の愛情と同じ過ちを繰り返さないでほしい想い
映画「八日目の蝉」は角田光代原作の「八日目の蝉」を映画化した作品で、生まれたばかりの頃から4歳まで誘拐犯に育てられた娘が大学生となり、その事件と向き合いながら自身も誘 ...
*ブログ:オールマイティにコメンテート(2011-05-01)
「母なる証明」という題名がぴったりだと思...
映画が始まって、この映画が松竹配給であることを知る。考えてみると、日本映画が地方都市に独自の映画館ではなくシネコンで上映されることになって以来、個々の作品に映画会社の個...
*ブログ:映画と出会う・世界が変わる(2011-05-04)
「八日目の蝉」
2011年・日本/松竹=日活・配給:松竹監督:成島 出原作:角田 光代脚本:奥寺 佐渡子 直木賞作家・角田光代の同名ベストセラー小説を、「孤高のメス」の成島出監督により映画化。脚本は「時をかける少女」..
*ブログ:お楽しみはココからだ〜 映画をもっと楽しむ方法(2011-05-06)
映画 八日目の蝉
邦画の真面目な作品っぽかったので じゃあちゃんと応援の意味も込めて観ておかないと と思って鑑賞決定 風邪気味で体調悪いけども まあ大丈夫かと 誘拐されて何年か育てられた後に 助け出された娘とその周..
*ブログ:とりあえず日常(2011-05-06)
ろくでもない親たち「八日目の蝉」
 泣いたか?と聞かれれば泣いた。原作は未読だし、このどうしようもない人生を抱えてしまったエリナの気持ちが辛すぎて…。普通の蝉は7日で死ぬ、でも8日目まで生きていたら…。普通でない育ち..
*ブログ:茅kaya日記(2011-05-06)
成島出監督 「八日目の蝉」
原作を読み終わった時から、観たくて観たくて、しょうがなかった映画。 映画の日には映画館が満席で悔しい思いもしました。 そして今日、やっと公休 朝、早起きをして観てきました(^−^)v ふ、..
*ブログ:映画と読書とタバコは止めないぞ!と思ってましたが…死にそうになったので禁煙か?(2011-05-06)
「八日目の蝉」の永作博美と小池栄子がすご...
必死になって生きていこうとしながらも、その必死さが賞賛やプラスの評価ではなく、どこか痛々しさや残念さを感じさせる人物、本来の自分のキャラクターと逆方向を必死になって進ん...
*ブログ:映画と出会う・世界が変わる(2011-05-07)
『八日目の蝉』('11初鑑賞65・劇場)
☆☆☆★− (10段階評価で 7) 5月6日(金) 神戸国際松竹 スクリーン2にて 16:00の回を鑑賞。
*ブログ:みはいる・BのB(2011-05-08)
八日目の蝉 ちょっと冗長すぎるが・・・
【=24 -6-】 今日は連休の谷間で電車がらがらかと思いきや、けっこう仕事の人も多いのだなあという混み具合、仕事があることはいいことだ!  さてこの映画、角田光代の原作は友人が貸してくれたので読..
*ブログ:労組書記長社労士のブログ(2011-05-09)
『八日目の蝉』
□作品オフィシャルサイト 「八日目の蝉」□監督 成島 出□脚本 奥寺佐渡子□原作 角田光代□キャスト 井上真央、永作博美、小池栄子、森口瑤子、田中哲司、市川実和子、平田 満、劇団ひとり、余貴美..
*ブログ:京の昼寝〜♪(2011-05-10)
(映画)八日目の蝉 
永作博美が演じた野々宮希和子と幼児誘拐の件とその後の恵理菜が自分に起こったことを結果的に確かめに行く旅を交互に見せる演出もさることながら永作博美演技がとてもよかったですね。
*ブログ:ゼロから(2011-05-11)
*八日目の蝉*
         ***STORY***               2011年        日本  1995年10月東京地裁。秋山丈博(田中..
*ブログ:Cartouche(2011-05-12)
八日目の蝉
★★★★  自分は堕胎したため、子供の産めない体になってしまった希和子。そして捨てられた愛人の本妻には、可愛い女の子が産まれる。 ある雨の日のことである。愛人の家に不法侵入した希和子は、赤ん坊を誘拐し..
*ブログ:ケントのたそがれ劇場(2011-05-14)
八日目の蝉
最近の日本映画は活力を取り戻してきたようで、素晴らしい作品が多くなってきた。本作もその一本!! 原作小説も有名だしNHKで連速ドラマ化されてることもあって認知度も高く、配役も話題を呼んだ。 ..
*ブログ:すいかエンタ!(2011-05-17)
映画『八日目の蝉』 | 永作博美と小池栄子が素晴らしいです。
2分でわかる『八日目の蝉』あらすじ紹介いってみます。 (ネタバレ注意!) 希和子(永作博美)は不倫相手である秋山丈博 (田中哲司)の子どもを身ごもります。 「いつか ...
*ブログ:23:30の雑記帳(2011-05-21)
「八日目の蝉」
 なかなかの力作だとは思うが、重大な欠点がある。それは、男性の描き方が淡泊に過ぎることだ。妻がいる男の子供を身ごもった希和子は出産をあきらめ、しかし思い余って男の家に忍び込み、女の赤ん坊を誘拐して逃..
*ブログ:元・副会長のCinema Days(2011-05-21)
映画「八日目の蝉 」他人と違う経験を自分がどう感じるか
「八日目の蝉」★★★★☆ 井上真央、永作博美、小池栄子、森口瑤子出演 成島出 監督、 147分、2011年4月29公開 日本,松竹 (原作:原題:八日目の蟬/ 角田光代) ..
*ブログ:soramove(2011-05-26)
八日目の蝉
角田光代原作の同名小説を映画化したヒューマン・サスペンス。誘拐された少女と犯人の女との逃亡劇、その後の運命を描く。監督は「孤高のメス」の成島出。出演は「太平洋の奇跡  ...
*ブログ:パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ(2011-05-26)
八日目の蝉
 『八日目の蝉』を渋谷東急で見てきました。 (1)この映画は、TVなどで幾度となく予告編が流され、また書店では随分と以前から原作の文庫版が山積みとなっていましたから、制作側もかなり力を入れているので..
*ブログ:映画的・絵画的・音楽的(2011-06-05)
映画「八日目の蝉」が描く無償の愛
人は失意や絶望に立たされたときに救いとして何を求めるのか。それは「愛」であろう。では、それは「自分を愛してくれる人」なのか、それとも「愛する人」なのか?「八日目の蝉」の...
*ブログ:映画と出会う・世界が変わる(2011-06-11)
独断的映画感想文:八日目の蝉
日記:2011年11月某日 映画「八日目の蝉」を見る. 2011年.監督:成島出. 出演:井上真央(秋山恵理菜=薫),永作博美(野々宮希和子),小池栄子(安藤千草),森口瑤子(秋山恵津子),田中哲司(..
*ブログ:なんか飲みたい(2011-12-04)
映画「八日目の蝉」
2011 松竹
*ブログ:しづのをだまき(2012-03-29)
映画『八日目の蝉』★いい“八日目”を見せてくれたと思います。
    映画レビューしました。(ネタバレ表示あり) http://info.movies.yahoo.co.jp/userreview/t..
*ブログ:**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**(2012-06-24)
完成! 「八日目の蝉」
  懸念材料を逆手に取って、鑑賞動機に結び付けた      演出手腕は、確かに見事                            ..
*ブログ:ポータブルDVDによる 車内鑑賞レビュー(2012-12-29)
八日目の蝉 : ジーン(´・ω・`*)感動・・・
 昨日は、2本紹介すると張り切っておりましたが、マッサージチェアの気持ちよさについうとうとしてしまいました。申し訳ありませんでした ...... ( 〃..)ノ ハンセイ 。では、本
*ブログ:こんな映画観たよ!-あらすじと感想-(2013-01-14)

コメント

TBが反映されないようなのでクチコミから失礼します。

■泣いた。 【映画】八日目の蝉■
なんかジワジワと泣いちゃいました。
めちゃくちゃ感動するとこじゃないんだけど、
親子愛について描かれるとやっぱり涙が…。

↓下記リンクよりレビュー詳細をどうぞ
Posted by アヒラス(B級生活) at 2011年05月01日 20:10

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※管理人が承認したコメントのみ表示されます。