2008年06月25日

「トンマッコルへようこそ」レビュー

「トンマッコルへようこそ」についてのレビューをトラックバックで募集しています。
*出演:シン・ハギュン、チョン・ジェヨン、カン・ヘジョン、他
*監督:パク・クァンヒョン
*音楽:久石譲

感想・評価・批評 等、レビューを含む記事・ブログからのトラックバックをお待ちしています。お気軽にご参加下さい(^^


【リンク】
映画公式サイト:トンマッコルへようこそ
Yahoo!映画:『トンマッコルへようこそ』特集
amazon検索:トンマッコルへようこそ

映画レビュートラックバックセンター at 02:38 | カテゴリ:映画タイトル:た

トラックバック

トラックバックURL

※管理人が承認したトラックバックのみ表示されます。

トンマッコルへようこそ
笑顔が一番つよいのです。入村する◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆争いを知らない村『トンマッコル』に迷い込んだ南軍兵士。しかし、そこへ敵対する北軍兵士がヨイルに導かれ入村する。彼..
*ブログ:カフェ☆小悪魔(2006-10-28)
トンマッコルへようこそ
東京国際映画祭の影響か、今週封切作品は大粒揃い。ロードショー当日は何を観ようか考えていたら、全くノーマークだった『トンマッコルへようこそ』をおすぎがテレビコマーシャルで大絶賛していたので、昨晩のうちに..
*ブログ:そーれりぽーと(2006-10-29)
トンマッコルヘようこそ  ▲ ほんわかと楽しく笑えるおとぎばなし
国を守るため戦う男たちが出会った争いごとを知らない村人たち。 朝鮮戦争のさなか、米軍兵一人、韓国兵二人、人民軍(北朝鮮)兵三人が山奥の村トンマッコルに迷い込む。外界から隔絶されたその村では戦争中であ..
*ブログ:どんくらの映画わくわくどきどき(2006-10-29)
「トンマッコルへようこそ」へ、ようこそ
久石譲の音楽、いいなぁ〜、ということで「トンマッコルへようこそ」へ、ようこそ。物語・朝鮮戦争のさなか「子供のように純粋な村」トンマッコルに6人(3つの軍)の敵対する兵士が迷い込む。彼らは最初こそ諍いが..
*ブログ:映画雑記・COLOR of CINEMA(2006-10-29)
映画「トンマッコルへようこそ」
映画館にて「トンマッコルへようこそ」 架空のユートピア“トンマッコル”を舞台に、敵対する兵士たちが癒されていく姿を描く。 “トンマッコル”は“子供みたいに純粋”という意味。1950年代、その地上の..
*ブログ:ミチの雑記帳(2006-11-01)
真・映画日記『トンマッコルへようこそ』
10月31日(火) 朝、通勤〜スタバのコーヒータイムでなんとか日記を更新。 どうもここのところ、日記が尻切れとんぼ気味。 反省したい。 仕事は月末なので多いような少ないような。 ..
*ブログ:CHEAP THRILL(2006-11-02)
トンマッコルへようこそ
トンマッコルとイノシシが取り持つ縁(笑 どんな映画かも知らずに行った。 なんだか意外と良かった。 ちょっとクスクス笑えて悲しくなる。 あー、、でもタイムリーな話題過ぎて ちょっと素直に見られない..
*ブログ:映画/DVD/感想レビュー 色即是空日記+α(2006-11-04)
トンマッコルへようこそ
今日はみなとみらいでクラシックのコンサートに行ってきたのですが、 どうせ出かけるならコンサートの前と後に映画を見よう!ということになり、 相当な強行軍で遊びのスケジュールをこなしてきました・・・。..
*ブログ:Monochrome Angel(2006-11-04)
【劇場鑑賞121】トンマッコルへようこそ(WELCOME TO DONGMAKGOL)
「トンマッコル」 子供のように、純粋な村 戦争が起こっていることなど誰も知らないこの村に、3組のお客さんがやってきた。 ひとり、空から落ちてきた。 ふたり、森からやってきた、 3..
*ブログ:ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!(2006-11-06)
トンマッコルへようこそ
トンマッコルへようこそ 11月4日(土)@ユナイテッドシネマとしまえん 監督:パク・クァンヒョン 出演:シン・ハギュン、チュン・ジェヨン、カン・ヘジョン 公式サイトはコチラ ?..
*ブログ:シュフのきまぐれシネマ(2006-11-07)
トンマッコルへようこそ
映画「トンマッコルへようこそ」の感想です
*ブログ:ジャスの部屋 -映画とゲーム-(2006-11-08)
「トンマッコルへようこそ」久々の韓国映画の傑作登場
昨年9月13日にソウルで見た韓国大ヒット映画がやっと日本で公開 リバイバル記事ですが、ソウルの観客と一緒に見た感想です。 「トンマッコルへようこそ」★★★★ シン・ハギュン、チョン・ジェヨン..
*ブログ:soramove(2006-11-10)
『トンマッコルにようこそ』着眼が良いだけに惜しい。
 映画に関しては『オススメ座シネマブログ』ってのを書いてるわけですが、あっちは
*ブログ:ブツクサ徒然ぐさ(2006-11-11)
「トンマッコルへようそこ」に政治の原点を見た
オリジナルは舞台劇とのことであるが、映画を見ると宮崎アニメにインスパイアされような内容だ。また、「七人の侍」も連想させる。表面的にはのどかなファンタジーであるが、実はそのイメージを覆すような凄惨なシー..
*ブログ:映画と出会う・世界が変わる(2006-11-13)
トンマッコルへようこそ
韓国で800万人が笑って泣いた!!  2005年、観客に最も愛された映画 泣きは
*ブログ:いろいろと(2006-11-13)
トンマッコルへようこそ♪観て良かった!
心癒される映画「トンマッコルへようこそ」を観てきました。韓国映画は今まで、観る機会がなく・・・・。このときも「手紙」とこの映画とどちらにしようか?と悩んだ末、選んだような訳でした。でも観て良かった本当..
*ブログ:銅版画制作の日々(2006-11-14)
優れた反戦映画とは?
「トンマッコルへようこそ」を見て思い出したのはフィリップ・ド・ブロカの「まぼろしの市街戦」とブレーク・エドワーズの「地上最大の脱出作戦」いずれも、戦争というものに対する痛烈な皮肉を描いており、結果とし..
*ブログ:映画と出会う・世界が変わる(2006-11-15)
「トンマッコルへようこそ」 観客動員1位は信用できるか?
2005年の韓国観客動員.1の映画(2位は『マラソン』で、『クムジャさん』は4位)である。 ただし、『グエムル−漢江の怪物−』(2006年1位)が、韓国内全スクリーン数の 3分の1にあたる640スク..
*ブログ:『パパ、だ〜いスキ』と言われたパパの映画日記(2006-11-21)
「トンマッコルへようこそ」 お腹いっぱい食べられることだけで満足できればいいのに
久石譲さんの音楽がとても作品の雰囲気にあっていました。 音楽は全然詳しくないので
*ブログ:はらやんの映画徒然草(2006-11-23)
トンマッコルへようこそ:ファンタジーかプロパガンダかそれとも……
監督パク・クァンヒョン 出演チョン・ジェヨン、シン・ハギュン 韓国2005年 朝鮮戦争のさなか、時代が停止したような何も知らぬ無垢な人々が住む村に韓国軍と北朝鮮
*ブログ:ひねくれ者と呼んでくれ(2006-11-26)
トンマッコルへようこそ−(映画:2006年147本目)−
監督:パク・クァンヒョン 音楽:久石 譲 出演:シン・ハギュン、チョン・ジェヨン、カン・ヘジョン、イム・ハリョン 評価:95点 公式サイト (ネタ..
*ブログ:デコ親父はいつも減量中(2006-12-12)
「トンマッコルへようこそ」を見た
少し前のことですが,「トンマッコルへようこそ」を見てきました。 ずっと見たかったのになかなか機会がなく,公開終了ギリギリ。 六本木のシネマートでもすでに存在感は小さくなり,映画館に来ている..
*ブログ:タイトルが決まったら。(仮)(2006-12-13)
映画『トンマッコルへようこそ』
昨日は『2006映画傑作選』の4本目、今年の7本目、韓国映画『トンマッコルへようこそ』を鑑賞。 この『傑作選』は11本の映画を期間中、入れ代わり立ち代わり何回か上映するんですが、おおむね客の入り..
*ブログ:健康への長い道(2007-02-25)
トンマッコルへようこそ
2005年 韓国 2006年10月公開 評価:★★★★☆ 監督:パク・クァンヒョ
*ブログ:銀の森のゴブリン(2007-03-09)
これ以上は胃が受け付けない
トンマッコルへようこそ 鑑賞 50点(100点満点中) 朝鮮戦争の最中、架空の村"トンマッコル"を舞台に、そこに迷い込んだ韓国、北朝鮮、アメリカ(←便宜的にわかりやすく表記)の軍人達の奇妙な運命..
*ブログ:(´-`).。oO(蚊取り線香は蚊を取らないよ)(2007-03-14)
韓国映画「トンマッコルへようこそ」
ブログを再開しようと思ったきっかけの一つとして、観た映画や読んだ本などインプット...
*ブログ:さわわん BLOG パラダイス(2007-03-17)
トンマッコルへようこそ
トンマッコルへようこそシン・ハギュン (2007/03/02)日活この商品の詳細を見る 2005年 / 韓国 / 132 minutes 出演 : シン・ハギュン、チョン・ジェヨン、カン・ヘ..
*ブログ:いけこのDVD鑑賞記(2007-06-15)
村にわんこ
「あるいは裏切りという名の犬」 「アモーレス・ペロス」 「トンマッコルへようこそ」
*ブログ:Akira's VOICE(2007-06-21)
トンマッコルへようこそ(05・韓)
舞台は1950年代の朝鮮半島。南北朝鮮の対立に米国が絡み戦争が激化する中、人民軍、韓国軍、そして米軍の敵対する兵士たちが、「トンマッコル」という辺境の村で出会う。そこは戦いとは無縁の、自給自足の生活を..
*ブログ:no movie no life(2007-11-30)
トンマッコルへようこそ
トンマッコルへようこそ 出演 シン・ハギュン、チョン・ジェヨン カテゴリ DVD mixiユーザー満足度平均 4.21点(920人) ・トンマッコルへようこそ@映画生活 ━─..
*ブログ:青のらくがき帳(2008-03-09)
映画「トンマッコルへようこそ」
寓話的な要素がかなりある映画でだからこそ成立してる部分というのはあるんだけど、それはそれとしてもまたずいぶんと政治色のある映画だと...
*ブログ:蒼碧白闇(2008-06-25)
『トンマッコルへようこそ』 DVD
韓国映画万歳。 見る前から色んな事を聞いてたので、脳天気な平和礼賛映画だったら鼻で笑ってやろうと思っていたのですが。 何と言いますか、ベタも見事にやり切る方法はあるものだと。 ああ、も..
*ブログ:チャーリー式(2008-08-28)
【トンマッコルへようこそ】争いとは無縁の魔法の村
トンマッコルへようこそ〜Welcome to Dongmakgol〜 監督: パク・クァンヒョン 出演: シン・ハギュン、チョン・ジェヨン、カン・ヘジョン、イ...
*ブログ:映画@見取り八段(2009-09-28)

コメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※管理人が承認したコメントのみ表示されます。